スパイラルからの脱出

*

スパイラルからの脱出

あなたをスパイラルに陥れる3つのキャラクター!

情報収集家

なんとか今の状況から抜け出す為に、成功本や自己啓発本、セミナーや教材等に助けを求め様とします。
これは、決して悪い事ではなく、むしろ素晴らしい事です。

しかしながら、情報を集める事だけで、満たされた様な、問題が解決したような感覚に陥ってしまう所に問題があります。
成功した人の本を多く読んだり、ノウハウ本から多くの情報が入ってくると、知識欲が満たされ。それだけで満足してしまう。

満足しただけではなく、とても危険な勘違いが生じてしまう・・

それは、「知っている」と「やっている」の境界線が曖昧になり、あたかも何か変わった様な、何か一生懸命やっているかの様な、
そんな錯覚に陥る事で勘違いが生じます。

まだ何もやっていないのに、知識でお腹がいっぱいになり、充分やった気になってしまう・・根本低な問題は何も解決していないのに。

すると、いつの間にかこんな公式が出来上がります。

良い本・セミナー ⇒自分の知らない情報を提供してくれる。
悪い本・セミナー ⇒自分が知っている情報しかない。

「せっかくお金を出したのに、前から知っている内容ばかりで意味がなかった!」これはもう、完全に情報収集モード!

このパターンにはまってしまうと、本来の目的を見失い知識欲を満たす事、脳を刺激する事が一番の目的になってしまいます。

「もっと高額なセミナー、もっと有名な人のセミナーに参加すれば、きっと効果は出るはず!」

「まだ誰も知らないレアな情報はどこ?刺激的な情報を集める事に、エネルギーを費やしてしまいます。

■行動をしなければ、どんなに知識が増えても、どんなに刺激的な情報が増えても変化は起こらない・・
「知っている」と「出来ている」では、大きな違いがある事に気付く事が、悪循環から抜け出す1歩になるのです。


夢ばかりを語る夢想家


これは、上記の刺激的な情報を集める事が目的となってしまったのと似ていて、夢想家は「夢」を見る事が目的となってしまったターンです。

計画ばかり立てている。

将来の夢や目標は、鮮明に見えていて詳細に語る事が出来る。

手帳も、夢がいっぱいの写真や言葉でいっぱいで夢を語る仲間も多くいる。

にも関わらず、何年たっても形にならない・・

すると、いつの間にかこんな想いばかりが大きくなって行きます。

自分を取り巻く、今の環境(職場、住んでいる場所)が良くないから上手く行かない・・そう考え始めます。

すると「もっとやりがいのある仕事さえ見つかれば!」「もっとお金さえあれば!」「もっと時間さえあれば!」「結婚さえすれば!」「海外に行きさえすれば!」

○○さえ!」という内的会話が何度も聞こえて来たら、要注意です。

夢を見る事、将来を見る事にエネルギーを費やす事が当たり前になってしまうと、目の前を見る事が不得意になって来ます。
知らない内に、目の前の大切な事を見逃してしまう。
知らない内に、目の前の事をきちんと取り組んで行く事が未来を切り開いて行くのだという大切な事忘れてしまう。

実際に行動する事(やる事)でしか、想いは形にならないのに、鮮明な夢を見ていると(詳細な計画を立てていると)もう叶ってしまったかの様な錯覚に陥ってしまう。

上手く行かない、形にならない原因も「アクションを起こさない」からではなく「自分を取り巻く環境が良くないからだ」と考え始めてしまう。

「○○さえあれば!」の思考は、夢想家に多く見られるパターンで、現状を解決する方法さえも「これさえあれば、解決できるのに・・」と夢見てしまうのです。

これは、夢想家というより妄想家と言えます。

批判ばかりしている批評家

自分は、椅子に座ったまま(動かぬまま)人の事批判ばかりしている。

「あいつの考えは甘い」
「あんな事やったって、上手く行くはずがない」
「あんな事して、一体何になる・・」

自分は、何も行動していないからこそ(座ったまま、重い腰をあげようとしないからこそ)一生懸命やっている人の行動が気になって仕方ありません。
自分が動けない事を払拭するかの様に、「行動している人」に対して、何かネガティブな事を言いたくなってしまいます。

⇒自分は、椅子に座ったまま(動かぬまま)自分の事批判ばかりしている。

行動に移せない自分を責めるのとは、少し違っていて「どうせやっても上手くいかないよ!」と自分自身にダメだしや批判を繰り返すパターンです。

「どうせ、こんな事をしても自分には出来る訳がない
「あの人だから上手くいったんだ。自分は上手く行くはずがない
「自分は、お金や時間がないから、○○出来るはずがない
「こんな事やっても意味ないよ!」

自分自身に、さんざんダメ出しをして「どうせ無理!」という批判的な内的会話を繰り返し「行動する事」を阻止します。


【全てに共通する大切な事】


スパイラルに陥る原因として、全てをこの3つのキャラクターで説明する事はできません。
上記の3つのパターンに当てはまらないのに、悪循環から抜け出せない人もいるでしょう。

ただ、ここで重要な事は、自分はなぜ望まぬ状況に陥ってしまったのか?それが続いているのか?
その理由を知る事(状況を把握する事)がとっても重要です。

⇒上記のどれからに当てはまる人達の共通項、それは一言で言うと「行動」までのプロセスが途絶えてしまっているという事です。
行動に移せない、行動をしない状態が続く事で、上記の様なキャラクターが生まれ安くなってしまいます。

■前に1歩進む勇気を持ち、実際に行動し始めた時、これまでとは全く違う世界が見えて来るでしょう。

⇒上記には当てはまらず、行動はちゃんと出来ている・・にも関わらず上手くいかない。悪循環から脱する事が出来ない。

その様な、場合は「今のやり方が機能していない」というシグナルが出ていると捉えてみて下さい。
要するに、「やり方を見直す事が必要ですよ!」というメッセージ。

■的確な方法(機能するやり方)を見つけられれば、悪循環からあっさりと抜け出す事が出来、驚く程スムーズに物事が進み出す事でしょう。

そうは言っても、なかなか一人では難しい・・

行動に移すことの重要性、機能するやり方を見つける事の重要性・・それらをよ~く分かっていても、実際に自分1人でやるのは、なかなか難しい・・
そんな事は、前から分かっていたけど、分かっていても出来ないから困っているんだ・・


そう思っている方は、ぜひ一度アウェイクナーズの門を叩いてみて下さい。
いつでもあなたを心から歓迎します。

アウェイクナーズ・アカデミーには・・

あなたを無理なく「行動」へと導くプログラムがります。
楽しみながら、想いを形に出来るメソッドと仲間がいます。
あなたに合った機能する方法が見つけられるプログラムがあります。

『あなたに幸せな変化をもたらすアウェイクナーズ・メソッドは、確実にあなたの行きたい場所へと導きます。』