何かが足りない気がする・・(2)

*

何かが足りない気がする・・(2)

目隠したまま道路を・・!

実は、先程の金ぴかスーツの男があなたに渡したあの「最高に着心地の良い服」は、あなたのクロゼットに何年もの間、眠っていた物でした。

・・どの様な服を持っているか把握していない為、空虚な気持ちが大きくなり、結果 新しい服を買う事ばかりにフォーカスしてしまう・・。

最高にフィットする服、着ているだけで幸せになる服を、もうすでに持っていたとしてもクローゼットの中に私の求めている服がある訳がない・・という思い込みで外へ外へと探し求めてしまう。

・・ここで言う服と言うのは、もちろんメタファーで、あなたが今まで経験してきた事、その中で得た知識や知恵、スキルなどの資源(リソース)を指します。

自分の事が分かっていない。或いは分かろうとしない・・。
だから、自分がどれだけ素晴らしいリソース(服)を持っているかに気付く事が出来ない・・。


「何かが足りない気がする」


「追い立てられている気がする」

「なぜかしらないけど焦ってしまう。」

「漠然とした不安感がある」

・・・そんな気持ちを覆い隠すかの様に、隙間を一生懸命 埋めるかの様に、もっともっと勉強して、あの資格も取って、スキルアップして・・と、ついそんな風に思ってしまう。

もちろん!これは自然な事ですし、悪い事では決してありません!

ただ、この様な気持ちになる本当の意味を知ってもらえれば・・そう思います。

では、一体どの様に理解したら良いのでしょう?それは、あなたへの大切なメッセージと捉えて下さい。
・・前に一歩踏み出す前に自分と向き合う事が必要ですよー!」というメッセージが届いている、と考えてみて下さい。

自分のリソースどころか、自分がどこに向かっているのか? 自分が今どこにいるのか?自分は何がしたいのか?
これらが明確でないという事は、明らかに「自分とのコミュニケーション不足」ですよ!

この様な時は、前に進もうとせず、ちょっと立ち止まって自分と対話する時間を作ってみて下さい。
上記の様な状態で、前に進もうとしても、それはまるで目隠したまま道路を走る様な無謀な事ですよ・・と言うメッセージが届いていると考えて見て下さい。

もし、あなたが違う生き方を求めているのなら、  何かを真剣に変えたい!と思っているのならどうか、自分と向き合う勇気を持って下さい。

自分と向き合うという事は、クローゼットにどんな洋服があるのか1着ずつ丁寧に確認する事が出来るという事です。

ただ確認するだけではなく「これはもう、サイズが合わない!」「今の私が好きなデザインと違う!」「もうヨレヨレ・・捨てよう!」「時代遅れ・・」など、向き合う事で対話(コミュニケーション)が生まれます。

そして、埋もれた服の中にも着心地の良い自分にフィットする素敵な服がある事に気付く時間でもあります。

クローゼットの中を整理した後、自分がどんな服を着たいのか?どんな服が自分を幸せにしてくれるのか? それらが明確になった後に新しい服を買うのと、そうでない状態で新しい服を買い続けるのでは大きな違いがあります。

あなたが持っていないと思っていた素敵な服を何着もクローゼットで見付けたあなたは、もう新しい服を買いに行こう!という気持ちが無くなったかもしれません。
或いは、買わなくてもリメイクすれば自分の求めていた洋服を自分で作れる!と思ったかもしれません。

何かが足りない気がする・・空虚な気持ちから来るメッセージを、きちんと読み取る事は次への扉」を開ける為にも とても重要なプロセスです。

・・しかしながら、自分と向き合うと一言で言っても、なかなか難しいのが現状です。
もちろん、難しいといっても向き合う事は、自分一人でも出来ます。最近では、その様なやり方を教えてくれる本なども多数出ています。


ネット上でも多くの情報が得られますので、お金をかけなくても自分と向き合う事は、容易に出来ると言えます。

けれども、自分一人では、なかなか上手く行かなかった・・そう思っている方。

やはり一人で向き合うのはちょっと辛い ・・」「自分では、やり方分からないからプロに教えて欲しい・・」「一人ではなく仲間と一緒に・・」「どうせやるなら、楽しみながら・・」

そう思っている方は、いつでもアウェイクナーズ・アカデミーの門を叩いて見て下さい。


じっくり自分と向き合える時間と、無理なく自然な形で、あなたに必要な変化が起こせるプログラムを最高の環境で、心を込めて提供しています。


 

『アウェイクナーズ・メソッドは、確実にあなたの行きたい所へと導きます。』